ベトナム とタイでWi-Fiを使うなら

まず、ベトナムに出張へ行かれる場合は、WEBで海外WiFiレンタルを申し込んで持っていかれると便利です。あとは、空港でSIMカードが変えるのでSIMフリースマホを持っている方は安いのでお勧めです。

ベトナムはネットワークの普及が目覚ましく、殆どのところで無料 Wi-Fi スポットが利用出来る地域となっています。その為、多くの人がWi-Fiを利用していることからその速度は非常に遅いという特徴があります。

但し、殆どの場所でインターネットが利用出来る環境が整っているので、非常に便利な環境と言えます。

通常、海外のデータ通信料は非常に高額なので、携帯電話の回線を利用してインターネットを行う場合には海外パケット定額の契約は必ず行っておくことが必要です。

上で書いたように、合わせて海外Wi-Fiレンタルを利用して準備しておくと非常に便利です。海外パケット定額の契約を行っていない場合には、プリペイドSIMカードを購入して利用することになります。ベトナムでは殆どの通信会社がプリペイドSIMカードを発行しているので、空港などで購入して利用することが出来ます。又、前払いなので使い過ぎの心配もありません。

ベトナムでは無料 Wi-Fi スポットが比較的豊富ですが、それでもホテルなどではWi-Fiが使えないところも有るため、特にビジネスの場合には海外Wi-Fiレンタルは必須です。ベトナム Wi-Fi事情を理解した上で、日本にいる間にしっかりと準備をしておくことが大切です。

タイの場合も、海外WiFiレンタルがおすすめですが、空港でプリペイドSIMカードも買えますし、別記事で書いたようにトップアップ(チャージ)もできるので便利です。無料WiFIは都市部では普及していますが、海外WiFiレンタルとSIMカードなどいくつかの通信手段を利用したほうが良いでしょう。

バンコクの有名カオマンガイ~ピンクのカオマンガイと緑のカオマンガイ~

バンコクの一番有名なカオマンガイといえば、プラトゥナムにある「ピンクのカオマンガイ」ことラーン・ガイトゥーン・プラトゥナム。なぜピンクのカオマンガイと言われているのかは、店員のユニフォームがピンクだからだとか。ここのカオマンガイはバンコク一美味しいと評判で、どのガイドブックにも必ず載っているぐらいなんです(しかも東京にも支店あり)カオマンガイは40バーツ(120円)と激安です。鶏肉もさることながら、特に鶏肉スープで炊いたご飯が美味しいのです。

さて、超有名店のピンクのカオマンガイの隣に、緑のカオマンガイがあるのはご存知でしょうか。ほとんどの人が緑のそれを素通りして、ピンクの方へ食べ行きます。その証拠に、ピンクのカオマンガイは昼時は大行列をなしていますが、緑のカオマンガイには行列はありません。

ほとんどの人が、緑のカオマンガイはピンクの真似をした後発の店だと認識しているようです。しかし、実際は緑のカオマンガイが1932年創業、そしてピンクの方は1960年創業で、緑のカオマンガイがオリジナルだそう。

肝心の味はというと、正直ピンクのカオマンガイと変わらずかなり美味しいです。行列もなく、値段もピンクのカオマンガイと変わりません。80年以上の歴史のある緑のカオマンガイを一度食べてみることをお勧めします。

バンコクで一番有名なパッタイ屋

バンコクで一番有名なパッタイ屋にいってきました。パッタイとはタイの焼きそばで、タイに行ったことがある人なら一度は食べたことがあるでしょう。

お店の名前はThipSamaiNoodle。場所はMahachaiRoadの313です。夜に行くと大混雑で行列ができているので分かりやすいと思います。どこの旅行者でも知っているのか、客層は多国籍です。もちろんタイ人の客も多いので味は確かです。

そしてなぜここが有名になったか、それは、ここがパッタイ発祥の店だからです。これは行くしかありませんよね。メニューも豊富で、卵で包んだパッタイやシーフードパッタイなど、パッタイだけでもメニューは多岐にわたります。

一般的なパッタイも40バーツですから安いです。私はスペシャルパッタイなるものを食べました。エビとカニが入っており、エビがでかすぎます。確か200バーツ程度とタイ料理にしては高かったですが、その価値は十分にありました。

また、この店でパッタイ以外で有名なのはオレンジジュースです。パッタイではなくオレンジジュース目当ての客もいるぐらいです。果肉が盛りだくさんで、冗談抜きで今までの人生の中で一番のオレンジジュースでした。私もパッタイよりオレンジジュースが好きです。ぜひ行ってみてください。

※スペシャルパッタイ

タイのSIMカード会社比較。どれを選べばいいか。

タイに旅行に行く際、SIMカードを利用してネットを使う人は多いと思います。しかし、多くの通信事業会社がある中で、どの会社のSIMカードを選べばいいのか分からないですよね。実は結論から先に言うと、どの会社も違いはあまりないので、どのSIMカードを選んでもOKです。

タイのSIMカードは「true」「dtac」「AIS」の三社が有名です。この三つのSIMカードはいずれもタイ全土通信をカバーしており、タイ旅行を行う上でのネット環境については、どの会社を選んでも心配ありません。

空港には各会社のSIMカード申し込みカウンターがありますが、タイ旅行初心者の方は、そこでどれを購入すべきか迷ってしまいます。それもそのはず、空港でのSIMカード会社各社のカウンターが提供するプランは、大きな違いはなく、同じ料金で同じサービスを提供しているからです。

例えば、3社とも1週間プランと1か月プランがあり、料金と回線スピードは各社ほぼ一緒です。

しかし、強いて各社の特徴を挙げるとすれば、以下になります。

TRUE→ 一日のみのプラン有り(139バーツ)

トランジット等の短い滞在向け

AIS→ 459バーツで3枚のSIMカード一週間使えるプラン有り

友人や家族と一緒の方向け

dtac→ 他社と一緒。特徴なし。

つまり、トランジットで一日滞在の方、また友人や家族での滞在の方以外は、どれを選んでも変わりはないということです。

知人のタイ人曰く、TRUEが安定しておりお勧めとのことです。

タイのSIMカードのアクティベート方法とトップアップ方法

シムカードを買ったはいいけど、いざネットを使おうとしても、セットアップとアクティベートの仕方がわからず苦戦している人を見かけます。

一番簡単な方法は、空港でSIMカードを購入する際に「アクティベートもやってください」とお願いすることですが、市街地で購入した場合は拒否されることもあります。もし自分でやるとしたら、どういう手順を踏めばいいのでしょうか。方法は以下の通りになります。

 

  • シムカードを指す
  • 設定→モバイルネットワーク→通信事業者の選択(Androidの場合)
  • 設定→APN設定を行う(設定は画像参照)

この3つの手順を踏めば、ネットが使用できるようになります。

この中で躓いてしますポイントは、APN設定です。なぜなら、調べないと絶対に分からないからです。ネットがない状況で調べることは大変難しいので、旅行前に調べておきましょう。各社のAPN設定をまとめたものがこちらの画像になります。こちらの画像の通りにセットアップをお願い致します。

次にトップアップですが、電話のしすぎで残り金額がなくなったり、期限切れでネットが使えなくなったりする場合に行います。

こちらは簡単で、コンビニが一番手軽にできるので、セブンイレブンで行うことをお勧めします(タイはそこら中にセブンイレブンがあるので。)

例えば、TRUEの場合で一か月ネットが使えるプランをセブンイレブンでトップアップするとします。セブンイレブンにはこの画像のようなものがあるので、これをレジに持っていけばいいだけ。

100バーツ払うと、このようなレシートが渡されます。


大きな14桁の番号の下に「*714*」とありますよね。ダイヤルを開き、この*714*をまず最初に打ち込み、14ケタの番号と最後に#を打ち込むだけでトップアップ成功です。

例 *714*05681541609864#

タイと日本のセブンイレブン 商品価格の比較

タイに行ったことがない人は知らないかもしれませんが、タイにもセブンイレブンはあるんですよ。バンコクのみならず、地方の田舎にもあります。その数は約8500店舗と言われてます。日本のセブンイレブンと同様に、日用品か食料品までなんでも揃います。日本と同じ商品や日本にはない商品もあります。

さて、タイは日本より物価安いというのは、誰でも知ってることです。そこで今回は、日本のセブンイレブンと同じ商品のものが、タイのセブンイレブンではどれだけ安いかをお話します(1バーツ3円での計算)

 

ミネラルウォーター500ml →7バーツ(21円)

日本→108円

肉まん → 17バーツ(51円)

日本→108円

豚肉弁当 → 60バーツ(180円)

日本→380円

おにぎり 27バーツ(81円)

日本→108円

タバコ・マルボロ → 120バーツ(360円)

日本→440円

ロールケーキ → 29バーツ(87円)

日本→108円

コアラのマーチ →  20バーツ(60円)

日本→110円

 

こんな感じになりました。歯磨き粉や洗剤もありましたが、種類が多すぎてピンキリのため割愛しました。ミネラルウォーターが日本とタイでは5倍の価格差ですが、他は2倍から1.2倍の価格差ですね。タイの物価は日本の3分の1とよく言われますが、体感的にはせいぜい2分の1が妥当だと思います。

タイに限らず、海外のコンビニ巡りは非常に楽しいです。