日本からラオス・ビエンチャンへの行き方まとめ

東南アジア最後の楽園と言われている現在人気急上昇中のラオス。しかし、日本からの直行便はありません。では、日本から行く場合、どうやっていくのがベストなのでしょうか。首都ビエンチャンまでの行き方をまとめました。

直行便がないので、一度どこかの国でトランジットをしなければなりません。恐らく、ほとんどの人がバンコク経由だと思われます。問題は、バンコクからどうやって行くか。

  • 飛行機でビエンチャンまで

飛行機のメリットは早くて安全なところ。デメリットは飛行機代が高い。

  • バスでビエンチャンまで

メリットは1000バーツ程度で安いところ。デメリットは12時間の長距離移動で疲れてしまうこと。また購入までに市街地までいかなければならない。

  • タイ国鉄でビエンチャンまで

メリットとデメリット共にバスと同様。しかし、寝台列車の居心地はバス以上に良い。

  • 飛行機でラオス国境近くのウドンタニまで行き、バスでビエンチャンまで。

メリットは安くて速くて購入が楽。デメリットは特になし。

個人的には④をお勧めします。ラオス国境近くのウドンタニまでの飛行機代は600バーツで非常に安いです。ビエンチャン空港からはバンでラオス国境までいけます。国境からはバスで簡単にビエンチャンまで行けます。所要時間は4時間程度です。合計で片道1000バーツ程度で収まります。あまり体験できない陸路越境も体験できます。

※ウドンタニ空港にある、ラオス国境までのバンのチケットカウンター。空港に出口付近にあります。