タイのSIMカード会社比較。どれを選べばいいか。

タイに旅行に行く際、SIMカードを利用してネットを使う人は多いと思います。しかし、多くの通信事業会社がある中で、どの会社のSIMカードを選べばいいのか分からないですよね。実は結論から先に言うと、どの会社も違いはあまりないので、どのSIMカードを選んでもOKです。

タイのSIMカードは「true」「dtac」「AIS」の三社が有名です。この三つのSIMカードはいずれもタイ全土通信をカバーしており、タイ旅行を行う上でのネット環境については、どの会社を選んでも心配ありません。

空港には各会社のSIMカード申し込みカウンターがありますが、タイ旅行初心者の方は、そこでどれを購入すべきか迷ってしまいます。それもそのはず、空港でのSIMカード会社各社のカウンターが提供するプランは、大きな違いはなく、同じ料金で同じサービスを提供しているからです。

例えば、3社とも1週間プランと1か月プランがあり、料金と回線スピードは各社ほぼ一緒です。

しかし、強いて各社の特徴を挙げるとすれば、以下になります。

TRUE→ 一日のみのプラン有り(139バーツ)

トランジット等の短い滞在向け

AIS→ 459バーツで3枚のSIMカード一週間使えるプラン有り

友人や家族と一緒の方向け

dtac→ 他社と一緒。特徴なし。

つまり、トランジットで一日滞在の方、また友人や家族での滞在の方以外は、どれを選んでも変わりはないということです。

知人のタイ人曰く、TRUEが安定しておりお勧めとのことです。